HOME校長室

ごあいさつ

長浜市立長浜南小学校 学校教育目標

     

 「学年のまとめと進級に向けて」

                              校長  土 田 康 巳

 新年が明け、早や1か月が過ぎようとしています。保護者の皆様、地域の皆様には、ご挨拶の時季が遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

   3学期は約50日の登校となります。短期間に、新しい学年・学校に進級するための準備をするという、とても重要な期間となります。3学期始業式では、病気に負けない強い体を作ることと、目標をしっかりと持つということを話しました。自分が少しでも成長するために、学校生活の様々な場面で具体的な目標(縄跳びをがんばろう・漢字を練習しよう・詩を覚えよう・あいさつをしっかりしよう等)を定めることで、充実した生活を送れるということを伝えました。現在、校舎の中を歩いていると、詩の暗唱に一生懸命取り組む子、縄跳び練習に励む子、汗一杯になって掃除をがんばる子、休み時間に合奏の練習に取り組む子など、1学期より一回り大きくなった子ども達の姿を目にします。子ども達の成長ぶりに驚きと嬉しさを感じます。これからの子ども達の伸びに一層期待が膨らみます。

   さて、2月9日に今年度2回目の「詩の暗唱大会」を予定しています。現在のコロナ感染状況を考慮し、大会に出場する代表者、大会の運営をする子どもたち、審査員が体育館に集まって実施していきたいと考えています。大会の様子は全教室にライブ中継し、それぞれの教室で大会の様子を視聴しながら参加します。運動会では「はなれていても心はひとつ!」を合言葉にアピールタイムを実施しました。今回の「詩の暗唱大会」においても、ライブ中継を視聴しながら自分自身の詩の暗唱を振り返るとともに、代表の子ども達にエールを送ってあげて欲しいと思います。

    保護者、地域の皆様には、3学期も子ども達の健やかな成長と安全確保に向けまして、益々のご理解とご支援を賜りますようにどうぞよろしくお願いします。

  本校の正面玄関には、三本松があります。枝振りも見事で青々と映えています。この松は、昭和四五年に旧学区(六荘・神田・西黒田)の輝かしい歴史、伝統の継承と子どもや地域の人々の健勝への願いを松の「常緑」に込めて寄せ植えされたものです。十年前には、創立四十周年を記念して、そこに「三美満樹」と樹名を刻した石碑が建立されました。三美とは、本校がめざす三つの美、「目に美しく」(環境)「耳に美しく」(言葉、静けさ)「心に美しく」(優しく・賢く)の教育をさします。子どもの心と頭が磨かれ、豊かな心を持ったたくましい人に成長するよう、今年度も「三美教育」を積極的に実践してまいります。皆々様のご支援・ご協力をよろしくお願い申しあげます。


このページのトップへ